人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 年次有給休暇の時季指定について

年次有給休暇の時季指定について

2019/08/19 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

おはようございます。

先週のお話にちょっと通じるお話です。

4月から年次有給休暇の5日の取得が義務付けられてそろそろ5か月。

あっという間に半年になってしまいますね。

さて、皆様の職場では取得は順調に進んでいますでしょうか。

年次有給休暇の5日取得は次の3つのパターンのいずれかによるものとなります。

1.労働者自らが時季を指定して取得

2.労使協定による計画的取得

3.使用者による時季指定

今回、上記の3が新しく追加されています。

ただし、こちらの使用者による時季指定は「休暇に関する事項」に該当し就業規則への明記が必要です。

「概ね9割の社員は5日以上取得しているから・・・」などとのんびり構えている経営者の皆さん!

一人でも頑なに取得をしない社員がいた場合でも、会社の責任となります。

そんな時には、会社からの時季指定が出来ないと困りますね。

でも、いざ時季指定をしようとしたときに、就業規則に定めがない。

これでは、勝手に会社が時季を指定することが出来ません。

そろそろ半年。

まだ何も手を付けていない会社の皆さんで年次有給休暇を取得しない従業員を抱えているようでしたら就業規則への記載をご検討して頂いた方がよろしいかと思います。

どんな文言がいいのか?などのご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

Page top