人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 定期健康診断等について

定期健康診断等について

2018/07/09 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

おはようございます。

ちょっと前の話ですが、労働安全衛生法の定期健康診断等の診断項目の取り扱いが4月より変わっておりました。

変更のポイントは以下の3点

①血中脂質検査

LDLコレステロールの評価方法が示されました。

②血糖検査

空腹時または随時血糖の検査を必須とし、HbA1cのみの検査は認められません。

③尿検査等について

医師が必要と認めた場合には、「血清クレアチニン検査」の追加が望まれます。

以上の通りです。専門用語ばかりで全く内容がわかりませんがこのような変更になっているそうです。

ただし、診断項目自体に変更はないことから特に事業主さんや従業員さんへの負担はないかと思います。

そもそも労働安全衛生法に基づく健康診断とは、11の検査項目が定められています。

また、1年に1度の健康診断は事業主が行わなければなりません。

良く従業員が「健康診断が面倒」「悪いところがあると嫌だ」などで受診を拒むケースがありますが、これはいけません。

会社も特になにもなければ過ぎてしまう事の多い健康診断ですが従業員の健康を担うものですから、確実に実施したいところです。

従業員の方も会社が一定の時期に行う健康診断はきちんと受診しましょう。

Page top