人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 令和2年分の年末調整 改正事項に注意

令和2年分の年末調整 改正事項に注意

2020/11/16 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

11月も半ばを過ぎ、職員の所得税に関する年末調整の時期が近づいてきました。

年末調整は税理士がやるべきか、社労士がやるべきか、意見が分かれるところではありますが、社労士が給与計算をしているケースも多いため、その場合はやはり社労士が年末調整手続きをする方が確認作業等スムーズだと思います。そのため弊所でもこれからどんどん忙しくなります。

令和2年分の所得税は改正事項が多く、年末調整においてもその対応が必要です。

国税庁からも「令和2年の年末調整は改正事項が多いため、控除誤りなどにご注意ください」とHPに掲載されています。

通常は、年末調整等の説明会が最寄りの税務署で開催されるので参加するつもりだったのですが、肝心な今年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止及び参加される皆様の安全確保の観点から開催が中止になってしまいました。

ですので、少しばかりの不安はありますがミスの無いようしっかりと対応したいと思います。

自社で年末調整をされる場合は、国税局の「年末調整がよくわかるページ」をよく確認される事をおススメします。

「年末調整がよくわかるページ」↓

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

今年もあと1か月半、コロナ感染に引き続き注意しつつ、2020年を綺麗に締めくくれるよう頑張りましょう!!

 

Page top