人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 10月から始まる「福祉・介護職等特定処遇改善加算」④

10月から始まる「福祉・介護職等特定処遇改善加算」④

2019/09/23 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

しつこく続けてきた「福祉・介護職等特定処遇改善加算」

今回が最後です。第4回目は支給についてです。

処遇改善後の職員への賃金は「月額8万円」もしくは「年収440万円」のどちらかで決められます。

「月額8万円」については、「法定福利費等の増加分も含めて判断」します。
「年収440万円」については「社会保険料等の事業主負担その他の法定福利費等は含まずに判断」します。

現在、対象者に支給している給料にもよりますが、月8万円の方が、法定福利費等の増加分も含める事が出来るので会社にもメリットがあるかもしれません。

ちなみに通常の「福祉・介護職員処遇改善加算」についても、「法定福利費等の増加分も含めて判断」出来ますので、賞与として「福祉・介護職員処遇改善加算」を支払えば、社会保険料等の額も処遇改善加算に入れる事が出来ますよ。

では「福祉・介護職等特定処遇改善加算」を申請した場合、どの位の額が上乗せされるのか?というと・・・。

放課後等デイサービスの場合、0.5もしくは0.7%ですので、事業所の報酬が月250万とした場合、12,500円と少額です。

そのため、法人の持ち出しが多くなる可能性があります。申請するかどうかはなかなか難しい判断ですね。

ひとまず!通常の「福祉・介護職員処遇改善加算」の申請がまだの事業所様はそこから始めてみてはいかがでしょうか?

弊所は放課後等デイサービスが得意です!是非ご相談ください。

Page top