人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 無期転換申請後の解雇

無期転換申請後の解雇

2019/04/08 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

おはようごいざます。

先日、こんなニュースが出ていました。

無期転換を求めた女性社員に解雇通告

2013年4月に始まった有期契約社員の無期転換ルールについての事案です。

これは有期契約社員が2013年4月以降、契約期間が通算して5年を超えると無期契約への契約転換を申し出ることが出来るものです。

有期契約社員は5年以内での契約終了が決まっていて無期転換権が発生する前に雇止めする企業のニュースも昨年流れておりました。

しかし、今回は無期転換権が発生し、従業員からの申請があった後の解雇になります。

このような場合、解雇の正当性を問う争いとなり、結果として金銭解決による和解で社員の方はそのまま退職となってしまうのではないかと考えられます。

本来、不安定な契約期間を無期として長期の安定を図るための制度だったはずが、このような結果を招いてしまうことは非常にさみしい限りです。

有期労働契約自体が悪いものでもないですし、運用も細かく行っていけば労使双方に良い制度だと思います。

しかし、安易な雇止めや、とりあえずの有期契約だけど更新時には何も行われずにただ更新されていくなど、会社としても有期契約労働者に対しての対応を今一度考え直さなければならないかもしれません。

 

 

 

Page top