人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 有給休暇の付与義務化

有給休暇の付与義務化

2018/10/15 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

さて、また働き方改革のお話です。

2019年4月以降の有給休暇取得の義務化は結構な衝撃と私は受け止めております。
既に計画付与を実施している会社やそこそこ自由に有給の取得が出来ている会社などはあまり関係ないでしょう。
ただ、モーレツに働いている会社などにうちのお客様でも数社「どうしましょ?」と思ってしまうところがありますね。

①今から計画付与で労使協定の準備をする。
②労働者有給休暇取得の支持を出す。
対応できるとすればこのいずれかですかね。

計画付与は時季をいつにするのが良いか?これは結構微妙な判断になりそうですね。

先日もセミナーで、この話題になっておりまして夏休みなどを計画付与に変更した場合は、
不利益変更になると言っておりましたので今の休みとは違った場所に改めて作るしかないですね。
もしくは、現在の休みの前後に改めて計画付与して長くするなどの処置でしょうか。
いずれの場合も従業員の休みは増えることに違いはない訳です。

この義務は、中小企業も含めた猶予措置なしの改正になりますので、使用者の皆様は対応を急いだほうが良いかもしれません。

 

Page top