人事オフィスひまわり

人事オフィスひまわり/社会保険労務士事務所(社労士事務所)|労働保険・社会保険の手続/給与計算/就業規則/給付金・助成金など/東京・池袋

  • 労働保険・社会保険の手続事務が負担
  • 毎月の給与計算を効率化したい
  • 就業規則が法改正に対応出来ていない
  • 社会保険料が高すぎる
  • 何か一つでも該当することがありましたら、すぐにご相談ください。
お電話での
お問い合わせ
メールでの
お問い合わせ

コラムcolumn

人事オフィスひまわりホーム > コラム > 副業・兼業のガイドライン

副業・兼業のガイドライン

2018/01/08 カテゴリー:コラム 
by himawari-staff 

鎌田です、今年も宜しくお願いします。

さて、昨年よりちょいちょい検討され始めた兼業・副業に関するガイドライン。

柔軟な働き方に関する検討会で徐々に話が進んでおりますね。

主な内容は、現在のモデル就業規則の見直し。

現在の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の条文がなくなって
基本届出で兼業・副業が出来るようなものに変わるという事。

しかし、そんなに兼業・副業を進めてこれ以上労働時間が長くなったらどうするんだろう?って素朴な疑問ですね。

労働時間の通算と言う観点から言えば、割増賃金の話も問題になるし・・・・。

所得税計算もどの程度正確にされるのでしょう?

中々難しい問題が多いですなぁ。

自分は何となくそういうものを国が主導で進めるのもどうかな?って思うけど・・・。

企業が主体的に動くならわかるけどね。

モデル就業規則が変更になって、大手企業などがどのように動くのか興味津々なのでまた変化があればこちらで・・・。

さて1/6より始まった、あしがくぼの氷柱見てきましたよ。

ライトアップを狙って行ったの綺麗だった♫

お時間あればぜひどうぞ♪

Page top